スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道新幹線、運転見合わせ拡大 上下線とも東京-新大阪間に(産経新聞)

 JR東海によると、29日午後1時50分ごろに発生した停電の影響で、東海道新幹線の運転見合わせ区間が午後4時半現在、上下線とも東京-新大阪間に拡大した。

 同社によると、停電は横浜市神奈川区羽沢町の路線上で架線が切れたことによるもので、復旧には時間がかかる見込み。品川-小田原駅間には、駅と駅の間に上下線あわせて5本が停止している。

【関連記事】
東海道新幹線、停電で一部運転見合わせ 架線切れ、復旧には時間も
JR臨時列車9%減 春の計画、景気低迷響く
新幹線を売り込め 政府が“営業マン”派遣
JR東海、リニア新幹線5年前倒し開業 神奈川~山梨間 
年末年始JR利用者、落ち込み最大 前年比7%減

サンシャイン国際水族館でペンギンがベビーラッシュ(産経新聞)
<元社長遺体>栃木の井戸に遺棄、男2人を逮捕へ(毎日新聞)
両陛下、農林水産祭天皇杯受賞者とお会いに(産経新聞)
尼崎公害訴訟 和解から10年 歩道橋バリアフリーへ (産経新聞)
要介護認定のバラツキ是正「一定程度達成」-日医(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)

 「日本水仙三大自生地」の一つ、淡路島の灘黒岩水仙郷(兵庫県南あわじ市)でスイセンが咲き誇り、訪れた人を楽しませている。見ごろは今月いっぱい。

 諭鶴羽(ゆづるは)山から海に続く急斜面に500万株が自生。昨夏の雨で例年より開花が10日ほど早く、今がちょうど見ごろ。訪れた観光客は「海と花を同時に楽しめて絶景」と喜んでいた。

名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
爆破予告で入間市立小中学校27校休校!(スポーツ報知)
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置-政府税調(時事通信)
小沢幹事長の続投支持=鳩山首相(時事通信)
飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)

石川選手「e-Tax」大使に(産経新聞)

 プロ2年目の昨年、史上最年少の賞金王となったゴルファーの石川遼選手(18)が27日、故郷の埼玉県松伏町に隣接する越谷市の越谷税務署で、インターネットを利用した国税電子申告・納税システムをPRするための「e-Tax」大使に任命された。

  [フォト]PCの申請画面を真剣な表情で見るゴルフの石川遼選手

 プロ転向後初の確定申告でe-Taxを利用した石川選手に、自宅からでも申告できるシステムの知名度を高めようと、国税当局側が大使就任を依頼。石川選手はPR用のボードを渡され快く引き受けた。

 石川選手は「日本各地で転戦し遠征でアメリカにも行くため、税務署に行かなくても申告できるシステムは本当にすばらしい」とメリットを強調した。

【関連記事】
電子行政への取り組みにいらだちの声 経団連がシンポを開催
電子申告・納税の利用率が3割超
金本、新井が「e-Tax」をPR
確定申告始まる 大阪ではオグシオ揃ってPR
確定申告スタート 松下奈緒さんがPR

首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同(産経新聞)
総務相「関係者」発言で重ねて釈明(読売新聞)
創価学会の池田名誉会長が平和提言(産経新聞)
奈良・若草山 春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)
<わいせつDVD>販売容疑で元組幹部ら逮捕へ 愛知(毎日新聞)

岐阜・土蔵岳で滋賀県の夫婦遭難か(読売新聞)

 24日午前9時15分頃、岐阜県揖斐(いび)川町の土蔵(つちくら)岳(1005メートル)に登山へ出かけた男女2人と連絡が取れなくなったと、滋賀県内の山岳会から岐阜県警へ届け出があった。

 両県警と地元消防団など計約60人が現場付近や、ヘリで捜索している。

 岐阜県警の発表によると、行方がわからなくなっているのは滋賀県彦根市高宮町、造園設計業・大越久喜さん(47)と妻の玉代さん(34)。2人は23日早朝から、土蔵岳でスキー登山をし、夕方に帰宅する予定だった。

 2人は、滋賀県山岳連盟の山岳会「やまっこ」所属で、寝袋や予備の食料は持っているが、携帯電話は不通状態という。

 土蔵岳の積雪は山頂付近が約2・5メートル、周辺も1メートル以上あるという。今のところ、雪崩などの発生は確認されていない。

土地購入 小沢氏の立件視野 東京地検 虚偽記載認識か(産経新聞)
<安保50年>米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず(毎日新聞)
<陸山会土地購入>「小沢氏に調達相談」 石川議員供述(毎日新聞)
<鳩山首相>今月末のダボス会議に出席せず 国会審議を優先(毎日新聞)
3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)

両陛下ご宿泊 老舗旅館で不法就労 容疑の社長きょう書類送検(産経新聞)

 仲居としての就労資格がないと知りながら中国人を働かせていた疑いが強まったとして、警視庁組織犯罪対策1課は24日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、富山県黒部市宇奈月温泉の旅館「延楽」の男性社長(59)を25日に書類送検する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。延楽はかつて天皇、皇后両陛下も宿泊された老舗旅館。同課は延楽がブローカーを通じ、複数回にわたってこうした中国人を受け入れていた点を悪質と判断、立件に踏み切る。

 同課は、中国人の在留資格変更を申請した東京都墨田区の男性行政書士(70)も、同法違反(資格外活動幇助(ほうじょ))容疑で書類送検する。

 捜査関係者によると、社長は事情聴取に「不法就労にあたるかもしれないと思っていたが不況で人手も足りず、目をつぶっていた」と話しているという。

 同課は昨年11月、同法違反容疑で中国人ブローカーら5人を逮捕。5人は雇用契約書を偽造する手口で、長期間滞在が許される通訳などの在留資格を中国人らに取得させ、実際には仲間の人材派遣会社を通じて、この資格での就労が許されていない旅館や飲食店に派遣していた。延楽はこの会社から平成19年10月以降、約15人の紹介を受けていたという。

 捜査関係者によると、行政書士は20年5月28日ごろ、中国人の女(27)の虚偽の雇用契約書を作成し、東京入管に提出した疑い。男性社長はこの女ら2人を仲居として働かせた疑いが持たれている。

 延楽は昭和12年創業。宮内庁や黒部・宇奈月温泉観光協会によると、昭和33年10月に富山県を訪れた昭和天皇と香淳皇后が利用。また、36年10月に天皇、皇后両陛下が皇太子ご夫妻として同県を訪問した際、宿泊された。

【関連記事】
「日本人は夜勤を嫌がる」…不法残留の中国人を働かせ逮捕
不法滞在許さない 関係機関が連携強化
法の盲点つく“裏ビジネス” 罰則規定なく高い報酬
不法就労助長容疑で男逮捕 鹿児島など4県警
雇用契約書を偽造し、100人超の密航あっせんか 中国人ブローカーら逮捕

<器物損壊>墓石44基壊される 名古屋(毎日新聞)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)
<火災>住宅全焼 姉妹2人焼死か 千葉・市原(毎日新聞)
民主・小沢氏、幹事長続投に改めて意欲(読売新聞)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)

<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)

 加齢で減る脳の神経細胞の基が、運動によって再び活発に作られるようになることを、東京大の久恒(ひさつね)辰博准教授(脳科学)と大学院生の伊藤佳絵さんのチームが動物実験で突き止めた。19日発行の米専門誌ヒポキャンパス=海馬(かいば)=電子版に発表した。

 チームは、記憶や学習など認知機能をつかさどる「海馬」という部分に注目。人なら高齢者に当たる2歳以上のマウスを使い、海馬の神経細胞の基になる幹細胞を調べた。

 その結果、自由に走ることのできる環境で飼育したマウスは、十分運動できなかったマウスに比べて、幹細胞の増殖率は2.4倍高いことが分かった。また、運動する代わりに認知症治療薬アリセプトを投与すると、未投与のマウスに比べ3倍以上活発になることも突き止めた。

 アリセプトは、神経伝達物質アセチルコリンを保護する働きがある。チームは、アセチルコリンが運動で活発に分泌され、幹細胞の増殖を促していると結論付けた。

 久恒准教授は「運動が認知症治療薬と同様の役割を果たしている。人に同じ仕組みがあると考えられ、認知症対策に運動を取り入れる有効性が示されたのではないか」と話す。【元村有希子】

ビル転売で8億円脱税、暴力団組長ら逮捕(読売新聞)
<名古屋市>住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達(毎日新聞)
首相動静(1月14日)(時事通信)
【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(4)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)
<新型インフル>成人向けワクチン接種、都が18日から開始(毎日新聞)

日韓外相会談 北朝鮮問題で連携を確認へ(産経新聞)

 岡田克也外相は16日午前、来日中の韓国の柳明桓外交通商相と、都内のホテルで会談した。北朝鮮問題では核、ミサイル開発や日本人拉致などに対して、米国を加えた3カ国が緊密に連携し対処していく方針と、北朝鮮に6カ国協議への復帰を強く求めることを改めて確認する見通しだ。

 両国間関係では、岡田氏は18日召集の通常国会に法案を提出する方針の永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関して説明、経済連携協定(EPA)締結交渉についても取り上げるとみられる。首脳同士が年1回程度相互訪問する「シャトル外交」の一環として、李明博大統領の来日時期についても調整する。

 岡田氏はさらに、地球温暖化対策やアフガニスタン・パキスタン支援などで韓国側の協力を求める意向だ。

【関連記事】
北朝鮮の平和協定案に慎重 岡田外相
北朝鮮入国に“横ヤリ”の大臣、過去にもマラドーナ拒否
ハニートラップも?小沢訪中団を狙う中国の危険な“ワナ”
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」
冷静装う米、普天間の深追い避けたが…外相会談の思惑は

「アバター」が作品賞、監督賞の2冠-米Gグローブ賞(時事通信)
<なべ漁場>岩手側で合意 青森の漁業者と新たなすみ分け案(毎日新聞)
宇宙から被災地にエール=野口さん、阪神大震災15年前に(時事通信)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り-公取委(時事通信)
民主党大会 異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮(毎日新聞)

<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)

 【岐阜】高山市丹生川町旗鉾(はたほこ)の伊太祁曽(いたきそ)神社で14日、新年の伝統行事の粥(かゆ)占い「管粥(くだがい)神事」があった。米や小豆を麻の茎と一緒に釜に入れて煮立たせ、茎に詰まった粥の量で一年間の豊凶などを占う。今年は、景気は横ばいだが、バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケートで浅田真央、安藤美姫両選手が上位に入り、サッカーW杯南アフリカ大会でも日本の活躍が期待できるという明るい結果が出た。

 同神社は乗鞍山ろくにあり、市の無形文化財に指定される神事は旗鉾地区約30戸の若者たちで組織する旗鉾若連中が取り仕切る。

 午後1時半過ぎ、烏帽子(えぼし)姿の若連中が、ここ数日来の降雪で1メートル近い積雪がある境内のカマドに火を入れた。約1時間後、煮えたぎった鉄釜の中から木札の付いた麻の茎を取り出し、社殿で1本ずつ茎を割って粥の量を検分。地元の人によると、かつてはアワやヒエなどの農作物の作柄、天候を占っていたが、時の移ろいとともに占う項目も増えて今年は140項目にわたった。

 06年の管粥神事ではその年のトリノ冬季五輪で荒川静香選手が総合で最高成績というご託宣がズバリ的中している。【奈良正臣】

【関連ニュース】
<特集>日本勢活躍なるか!バンクーバー五輪
<写真特集>メダル期待!フィギュアスケート
<写真特集>日本で開かれたオリンピック
スピードスケート:15歳、高木美帆が五輪代表に決定
<特集>サッカー日本代表 今シーズンの日程と結果

<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
私書箱「振り込め」で悪用 相次ぐ被害 経産省が業者調査(産経新聞)
鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)
阪神大震災 犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
プロフィール

Author:あおぬまとしあきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。